遺伝子検査結果の活かし方は人それぞれ

遺伝子検査結果をどう活かす

遺伝子検査の結果を受け、どのような活かし方をするのかは人によってまちまちです。

 

子供の性格や潜在能力を把握できることで、長所と短所を見極めながらどのように育てるのかを判断することもできます。子育ての参考として実施する方も多いです。

 

最近では親子関係を確かめるためにも遺伝子検査を実施する事例も増えています。

 

遺伝子検査で子供に対する理解を深める

こどもの性格や能力への理解で接し方にゆとりが出る

 

子供を理解する親

遺伝子検査をうけなくても子供の性格や能力は、子供をしっかり見ていればある程度は理解できるはずです。

 

しかし遺伝子検査を受けることにより、普段の性格がこういう遺伝子タイプだからそうなんだとか、足が速いのは遺伝子がそう示しているからというように特徴や性格を理解しやすくなり、子供に対してゆとりのある接し方ができます。

 

こどもの潜在能力を把握して能力を伸ばす

 

子供の遺伝子タイプを評価することで、普段は潜在能力を発揮することができるような環境を提供していないかもということにきづく可能性があります。

 

例えば、芸術家としての可能性が遺伝子タイプで示されていても、そのような能力を発揮させるための機会や環境が少ないとその能力に気付くのが遅くなってしまい、能力開発をしないまま過ごすことになりかねません。

 

総合的理解を深めて納得した子育てができる

 

個別の能力や性格は遺伝子検査がなくてもある程度理解できることがありますが、総合的な検査結果をみることにより、個別の言動が、総合的検査結果から理解することが出来ます。

 

一つの言動を一つの性格や特徴からのみ判断するのではなく、さまざまな関連する要素を複合的に組み合わせて考えることが出来ますので、より納得性が得られることがあります。

 

親子関係や高齢出産の評価にも利用されます

 

遺伝子検査によって今までわからなかった親子関係の真偽を確かめたり、高齢出産時のリスクに備える際の評価として活用されています。

 

本当の親子関係を知るために活用する

 

親子関係を疑う人

最近、親子関係を正しく知りたいというような悩みが増え、その判定に遺伝子検査が簡便に利用されるようになりました。

 

最近話題になりましたが、結婚していない男女間に生まれた子の遺産相続分を、結婚している夫婦の子の半分とする民法の規定が最高裁大法廷は違憲と判断しました。

 

つまり、婚外子への不当な差別だとの考え方ですが、今まではだれの子供かがよくわからないようなケースでも、現在では遺伝子検査により親子の関係が正確に判定することが出来るようになり、認知されていなかった子供への相続が発生するようなケースが増えています。

 

浮気の相手や、結婚前に複数の男性と付き合っていた女性でだれの子供かということが血液型からだけではわからない様なケースでも、遺伝子検査により親子の関係を明確にすることが出来るようになりました。

 

この検査に関しては、民間の受託会社で、低価格で判定を受けることが出来ます。
そのようなニーズが増えている背景には、離婚率の増加、相続の問題での活用、親の血液型からは予測できない子供の血液型への理解などへの解決策となることなどです。

 

検査については、医療機関でサンプリングまたはキットにて検体を送付後、数日で親子鑑定が行われます。親子鑑定の確率はほぼ100%に近い確率で、判断結果を得ることが可能です。

 

また、親子鑑定が裁判上重要な場合などでは、所定の検査機関で検査を受けることで弁護士の鑑定書を準備することも行われます。

 

たくさんの検査機関で検査が可能です

例えば

法科学鑑定研究所

 

ここでは、弁護士などの鑑定書を付けた場合10万円程度、鑑定書がなければ数万円で検査をすることが出来ます。

ジーントラック社

 

ここではDNA親子鑑定を19,900円、鑑定期間は約3〜5営業日より提供しています

 

高齢出産の評価に利用します

 

不妊検査

卵巣・子宮の状態やホルモンなどを調べ様々なリスクの評価を行います。

 

http://www.geocities.jp/pink_10090327/mama/03.htm

 

染色体異常

妊娠中に染色体異常の可能性があるかどうかを調べたり、ダウン症の可能性を検査します。さらに、羊水検査などもケースによって実施します。

 

http://baby.goo.ne.jp/member/topics_back/topics10/san37/03.html