遺伝子検査がこんなに身近な話題に 

遺伝子検査について解説

インターネットやTV報道で人の遺伝子検査に関する話題が急速に増えていますが、遺伝子検査に関してはその内容が十分理解されていないのが現状です。

 

遺伝子検査によって様々な情報が得られますが、TVなどで報道されている内容はその一部を取り上げているだけで、遺伝子検査全体に関しては十分に取り上げられていません。

 

このサイトでは遺伝子検査の一般的なことに関しても説明を加え、特に最近話題になっている子供の遺伝子検査に焦点を当てて、簡単にどのようなことが出来るようになったのか。
課題は何かといったことを理学博士である私が整理してご紹介しております。

 

遺伝子検査の歴史

そもそも遺伝子検査が急に脚光を浴びるようになったのでしょうか?
詳しい技術的なことは省略しますが、技術やその分析装置などが急速に開発が進んで、低価格で出来るようになったことによることが大きな理由です。

 

ノーベル賞学者であるワトソンとクリックによる遺伝子構造の発見。(50年を要して2003年に終了した世界的遺伝子プロジェクトによって、人間の遺伝子としては約3万種類程度が存在することがわかりました。)

 

その後の研究で、それぞれの遺伝子がどのような働きを持つものであるか、あるいはどの遺伝子がどの病気を引き起こしやすいかがわかるようになりました。

 

または逆にその遺伝子がないと病気が起こりやすいというようなことや、病気には直接関係はなくても髪の毛の色、目の色、個人の性格形成、体格形成、肥満や体質形成に関係した遺伝子など様々なことが解析されてきました。

 

遺伝子の役割の解析は最近5年くらいにかなりな情報が蓄積されたため、近年一般的にも話題になり、さらに一般向けのサービスを提供する機関が増えてきました。当然、働きがわからない遺伝子もたくさんありますが、その後毎日のように新しい役割の解析が行われています。

 

特に、病気との関係がある遺伝子に関しては最も重要な問題ですので、専門の病院などで検査を受けることが勧められますし、そのことに対してカウンセリングを受けることができます。

 

一方、病気や健康に関する遺伝子情報以外に潜在的な人間の能力に関する遺伝子情報は、将来的に自分や子供の才能開発をどの様な方向で行うかということに役立てられるのではないかとして、現在非常に高い関心が集まっています。

 

また、親子の関係の確認や、個人の特定のための技術も飛躍的に開発が進んだことが背景で、遺伝子検査をテーマや手法として取り上げた推理小説や犯人逮捕につながるような遺伝子検査の重要についても新聞やTVでも頻繁に取り上げられるようになってきました。

 

事件現場で重視されたのは以前では指紋でしたが、今では犯人が現場に落としていった髪の毛、皮膚、血液、体液など身体組織の一部を用いた遺伝子検査が主流になりました。

 

個人の識別に関しては、以前のような血液型での分類ではなく、詳細な個人の情報が得られる遺伝子検査が中心になりました。
推理小説でも決定的証拠として多用したくなるのは当然のことだと思います。

 

遺伝子検査の利用

実際には私たちの身の回りで遺伝子検査はどのような方法でどのように利用されているのでしょうか?また、利用する上で何か問題となることはないのでしょうか?
自分が試すことがなくても知識がないばかりに不利益を被る可能性は少なくしておきましょう。

 

一方、解析が出来るということと、その結果をどう解釈するかということに関しては、専門家の中でも意見が統一されていないことや、倫理的な問題、プライバシー保護の観点や自分としてどう受け止めるかという事への備えなど新たな課題も増えてきます。

 

現状の課題や今後どう自分で判断すべきかという点に関しても考え方を整理してみました。

 

ここでは遺伝子検査に関して関心を持たれている皆様に、遺伝子検査の概要を知っていただくとともに、今後の自分のために役立てるためのポイントを抽出してなるべく簡単に整理してみたいと思います。

遺伝子検査について

 

遺伝子検査は思ったより簡単

 

遺伝子検査を実際に行ってみると、想像していたよりも簡単に感じられるはずです。一般的には口の内側にある粘膜を採取してサンプリングを行い、分析機関で遺伝子の解析をするだけです。子供でも苦痛を感じない検査になります。

 

 

 

遺伝子検査は自宅に居ながらにしてできる

 

遺伝子検査はわざわざ病院へ行かなくても自宅で行うことも可能です。検査キットで口の粘膜を採取して検査機関に発送するだけでOKです。数週間後には検査結果が届きます。

 

 

 

遺伝子検査で子供の潜在能力を評価する

 

遺伝子検査の結果により子供の潜在能力を知ることができます。まだ開花していない能力を引き出すことで、才能を伸ばしてあげることも可能です。

 

 

 

遺伝子検査結果の活かし方

 

遺伝子検査の結果の活かし方はそれぞれの目的に応じて異なります。子供の潜在能力を知りたかった方はどのように伸ばしてあげるかを考えたり、親子関係の真偽を確かめるために活用する方もいます。

 

 

 

病気に関する遺伝子検査は病院で受ける

 

病気に関連する遺伝子検査については専門の病院で行うことになります。専門的なアドバイスを求めるためにも専門医がいる病院で行うことをおすすめします。専門病院はインターネットで調べることも可能です。

 

 

 

遺伝子検査における課題

 

遺伝子検査はメリットが多いと考えられますが、課題があるのも事実です。科学的根拠の問題や子供へ検査結果をどう活かすか、病気のリスクに対する考え方、新しい技術の発展などをよく考慮しながら検討することが大切です。